バイトから正社員まで求人情報誌の見方を解説

>

求人情報誌の見方のポイントは

働いてからのトラブルを避けよう

雇用条件が求人内容と違うというトラブルは意外と多いです。

雇用条件が記載されている内容と実際のところが違うことも中にはあります。
ですが、ほとんどの場合が記載されていた雇用条件をしっかり確認しておらず、働いてから聞いてなかったとか、こんなはずじゃなかったとか不満を感じてしまうのが現状のようです。

給料の額面が条件に合ったとしても、すぐにその給料体制がスタートすると記載されているでしょうか。
経験者が対象の求人なら大丈夫なのかもしれませんが、未経験者優遇の求人の場合は研修期間を設けているのがほとんどかと思います。
求人情報に記載されている給料の額面は一人前に働けるようになったらの金額の事も多いのでしっかり確認しておきましょう。
研修期間や、その間の待遇のチェックも忘れずにしましょう。

働きたい条件に本当に合っているのか

人手が足りなかったり、人員を早く補充したい会社は条件が良く見えるように工夫して記載している場合もあります。

良さそうだと飛びついてしまう前に、自分の働きたい条件と本当に合っているのかチェックしておくべきです。
残業は無しと書いてあっても、ただし繁忙期は除くと小さく書いてあるかもしれません。
毎日ではないなら残業は可能な人もいれば、残業は家庭の都合で一切できない人もいますよね。
条件は人それぞれで違うものです。

残業できないのに残業がある職業を選ぶのは会社にとっても自分にとっても負担が大きいかと思います。
働き始めてからのトラブルを未然に防ぐ為にも、求人側の条件と自分の希望条件は間違いはないのか慎重になりましょう。



この記事をシェアする