バイトから正社員まで!求人情報誌の見方を解説

バイトから正社員まで求人情報誌の見方を解説

掲載されている情報はしっかり確認する

求人広告をチェックするのに重要なのは自分に合っているかです。
業種、勤務時間、勤務地、給料や待遇、資格の有無など会社の掲示する条件と自分の条件がしっかり合っているか働き始めてから後悔しないようにしたいですね。

また、意外と多いのが働き始めたら求人広告に記載されている内容と業務内容や勤務時間、給料が違っているというトラブルです。
実際に求人を急ぐあまりに、実際と異なる記載がされている場合もあるかもしれませんが、後から求人広告を読み返したら、こういう意味だったのかと曖昧だった為に勘違いしてしまったと言う事もあるようです。
求人情報に記載される雇用条件の用語の意味はあらかじめ理解しておくこともおすすめします。

せっかく決まった仕事を条件に合わなかったからと言ってすぐに辞めて転職するのは大変ですし、再就職する時に影響があるかもしれないので、求人を調べる段階で本当に自分の条件と合っているのか考えていきましょう。

フリーで時間の拘束は特別ない人なら入社してから残業が多かったとしても対応できるかもしれませんが、子どもが小さかったりしてお迎え時間があり、退社しなければならない時間が決まっている人にとっては、記載されている勤務時間は正確なのかはかなり重要になってきます。
自分の状況によって、これだけは譲れないという部分もあるかと思います。
求人広告を見る前に自分の条件を自分自身で把握しておく事も必要です。
そうすることで、求人する側が、小さい子どもがいたりして勤務時間に制限がある人を対象とした人を募集している場合もあるので、条件に合う求人も探しやすくなります。

求人情報誌の見方のポイントは

働き始めたら記載されていた内容と違うのではと疑問を感じながら働いている人は意外とおおいようです。 人手が足りないところは、パッと見が条件が良く見えるように書いてある場合もあります。 小さく書いてある文字も含めて細部までしっかり読むことをおすすめします。

曖昧な用語も多いので把握しておく必要がある

求人情報に記載されている用語は、聞いたことがある言葉なので知っている気になっていても、実はそこまで把握していなかったという場合も多いです。 そこの企業オリジナルの役職の名称が求人広告に掲載されている場合もあり、実際の業務内容がわかりにくい場合は問い合わせして確認しておきましょう。

勘違いや行き違いを防ぐためにも確認をするべき

沢山の求人情報を見ていると、混乱したり勘違いしたりしてしまう場合があるので注意しましょう。 本社が勤務地かと思ったら支店があって配属先が全く違う場所だったとか、週休2日制と記載されていたので毎週2日休みがもらえると勘違いしてしまって、働き始めてから意味を理解したという話を聞きます。